デリケートゾーンオイルケアの習慣

ルナフルとの出会い

私がデリケートゾーンケアの大切さを知ったのは2019年

ある商品との出会いがあったからです。

それはルナフルとの出会い。

ルナフルはデリケートゾーンに潤いをあたえるオイルです。

女性の身体は年齢と共に誰しも女性ホルモン(エストロゲン)の減少で

潤いがなくなり乾燥していきます。

ですが・・・

デリケートゾーンが乾燥してくるなんて感じている女性は

少ないのではないかと私は思ったりもしています。

当時の私はデリケートゾーンという場所が場所なだけに

どちらかといえば乾燥とは無縁な場所だと思っていました。

皆さんはどうですか?

”ところが”それは間違いなのよ!!見えないだけで歳を重ねる事で

デリケートゾーンも変化しているのよ!

と教えてくれたのがルナフルでした。

(かかとのカサカサも乾燥の目安になるそうですよ!)

お手入れの必要性を知る

デリケートゾーンも皮膚です。見えていなかっただけで、

年齢と共に乾燥もするしハリもなくなり弛んでくる

(考えた事もなかったけれどいわれてみれば皮膚でもある)

ルナフルを試してみたら

私も乾燥して潤いがなくなっていた事や弛んでいた事を実感して

なるほどね!と思いました。

(私の体験談はデリケートゾーンピラティス誕生秘話NO3の記事を

読んで見てくださいね!)

つけた次の日皮膚がしまって引き上がっていました。

つまり私も更年期のど真ん中!身体は正直です。

お手入れする必要性を教えてくれました。

皮膚なのだからお顔と同じくらい気を使ってあげる。

しかしデリケートゾーンケアとなると抵抗がある方は

まだまだいらっしゃると思います。

私もそうでしたから・・・

ですが、今ではデリケートゾーンケアは大切ですと

私はお客様にお伝えしています。

それはデリケートゾーンと子宮が直結している特別な場所だから

女性特有のトラブル 諦めていませんか?

歳を重ねてくればいろいろ支障は出てきて仕方がないと

女性特有のトラブル症状(乾燥や弛みからくる問題)を

我慢している女性はとても多いです。

それは死に直結したトラブルでは無いことも要因だと思いますが

デリケートゾーンの環境を整えてあげることで

ずいぶん改善される事をご存じの方はまだ少ないのではないかと思います。

女性として身体を労り快適に過ごす為に、欧米では当たり前の女性としての習慣のようです。

デリケートゾーンケアは別に特別な事ではないんですよね・・・

子宮と直結しているデリケートゾーン

卵巣で作られる女性ホルモンですが

女性ホルモン(エストロゲン)の減少により女性は更年期(45~55歳)の症状が

いろいろな形で現れます。

心に強く現れたり、体に強く現れたり症状もさまざまですね

それだけエストロゲン(女性のお守り)が女性の心や身体を

今まで支え、守ってくれていて・・・

(お守りがなくなってきているから何となく調子が悪くなってくる時期のことを更年期といいます)

そしてエストロゲンがなくなるのが閉経です。

閉経までのなんだか調子が悪い感覚。

今までと違う・・・

これが歳なのかなぁ・・・みたいな。

更年期後の身体のケアを・・・

そんな身体の変化を緩やかにするためにエストロゲンに似た働きをしてくれる物を

自然界から取り入れることが出来ます。

色々ありますが昔から女性に良いとされている代表選手にザクロがありますね!

ルナフルのオイルはザクロを思わせる赤い小さなカプセル

この中にザクロの種子油が50%近く入っているオイルです。

私はルナフルの出会いで閉経へのネガティブな気持ちは全くなくなりました。

勿論体調が悪い時もありますが、この先の長い人生女性として心強い味方になっています。

更年期(45~55歳)の女性ホルモンの減少を緩やかにする。

また閉経後の皆さんの身体のケアの選択にルナフルもお薦めしています。

デリケートゾーンケアに興味がある方が徐々にふえている

デリケートゾーンケアをする事に抵抗を感じている方がまだまだ多い中、

今、そのルナフルが想像以上の注文が集中している様で品薄状態!

新規のお客様の販売を一時停止しているそうです。

(バージョンアップして2021年10月から販売されます)

日本の女性も徐々にデリケートゾーンケアに注目し始めている証拠ですね。

私は嬉しいです!!

そしてふと考えました・・・今まで購入してた物が手に入らなくなるとしたら。

私にとってルナフルは欠かせない物になっていてデリケートゾーンケアが習慣

になっている自分に気がつきました。

デリケートゾーンケア・・・・やってみたいけど何を使って良いかわからない。

そんな方に安心してお使い頂ける商品としてルナフルを試して見て頂きたいと思います。

デリケートゾーンは見えない所だから忘れられがちですが、

  • 表層の皮膚
  • 深部の筋肉

があります。トラブルの原因も皮膚と筋肉の両方があります。

皮膚のコンディションと筋肉のコンディションを整え、

両面から女性の身体を支えてあげる必要があるんです!

スタジオでのピラティスレッスンではエクササイズ前に

  • ルナフル
  • フェミノール

のどちらかのオイルでデリケートゾーンの潤いと保湿をして頂いております。

引き続きお好きな方をお選び頂けるようスタジオには用意してお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました